大学病院の看護師の仕事内容について

一口に看護師といっても、その働く場所はさまざまです。入院施設のないクリニックから大きな総合病院、在宅看護の施設、治験を取り扱う企業まで・・・・・・・働く場所によって、その仕事内容も若干変わってくるので、どこに就職するかはとても大事な問題です。

特に大学病院の看護師業務は、一般的な病院の看護師業務とは大きく異なるといわれています!

その一番のポイントとして、大学病院では医師と看護師の役割が明確に分かれていることがあげられます。基本的に大学病院では、医師に出来ることは医師がする、という考え方が貫かれているため、採血も点滴も医師が行うのが普通です。これが普通の病院なら、採血も場合によっては点滴も、看護師が行うことがほとんどとなっています。

同様に、大学病院では、看護師が行う手技のようなものは少なくなっていて、看護師の仕事内容はあくまで医師のサポートということになっています。通常の病院で看護師の手によって行われるような抗がん剤投与、褥創の処置、胃管の挿入なども大学病院では医師が行うのが基本です。

大学病院での看護師の仕事は、医師のサポートと本来の意味の「看護」が中心となっているのです。

大学病院の看護師の仕事内容について関連コンテンツ

助産師の業務
助産師という職業を知っている方も多いかと思いますが、実際に助産師になったとしておこなう業務内容にはど ..... >> 続きを読む