転職で看護師として学んだこと

転職をすることで看護師として学んだことというのはどのようなものがあるのでしょうか。新人看護師として目まぐるしく仕事をしていた職場から、転職をして経験がある看護師として別の職場に移動して初めて、先輩たちからいろいろな事を教わっていたことに気が付くという看護師もいるようです。

今まではどこか先輩たちに甘えていた部分などがあったものの、転職をすることでその甘えていた部分が多かったことに気がついたという人もいます。総合病院からクリニックなどに転職した看護師の場合、今までは大勢の同僚に囲まれて仕事をしていたために多少同僚に依存していた部分があったものの、クリニックでは少数の看護師で仕事をしますので、依存をすることが出来なくなるため、初めて看護師として独り立ちをすることが出来たという人もいます。

病院によって看護方針は異なり、それぞれにメリットやデメリットが存在することが分かったという人もいます。一ヶ所にとどまっているとどうしてもその看護方針のみを経験することになりますが、他の職場に移動することによって違う看護方針を知ることになると、それだけ看護に関する知識や経験を積むことになりますよね。